THE DANSHAKU LOUNGE THE DANSHAKU LOUNGE

Museum / Dining / Shop

2019.4.25 GRAND OPEN

2019.4.25 GRAND OPEN

2019年4月25日、北海道七飯町道の駅「なないろななえ」隣にオープン。

Prologue

男爵の開拓精神をこの地から未来へ。

親愛なる川田男爵がそうしたように。

地域を想い、未来を想い。
自由な発想と、自分らしいやり方で大きな価値を創り、世の中を動かしていく。

今の言葉でいえばイノベーション。
それを土臭く、人間臭く、力強く実践した川田男爵の開拓のDNAが息づく七飯の地で。
彼が残してくれた男爵イモをどこよりも美味しく楽しみながら。
地域と共に、地域を拓く。

好奇心を持ち続けること。
異質なものと触れ合うこと。
次の世代が楽しめること。
手や体を動かすこと。
そして、人を愛すること。

「ダンシャク」を開拓のシンボルとして。
またここから七飯・北海道の豊かな未来を掘り起こしていきます。

Concept

地域と共生し、地域へ貢献する。
若い人たちへの希望を創る。

私たちはこの場所で、地域社会・人と繋がり、寄り添います。

新しい発見は、新しい感情を引き出します。
本質的なライフスタイルを提案することで本当の豊かさを感じて頂きたい。

空間・展示を通して受け継いだ思いをメッセージを伝え、
地域・ヒト・モノを結ぶ架け橋でありたい。

ラウンジを訪れる人々と共に様々な経験を通して
私たちは、これからの時代に求められるコミュニケーションを創造していきます。

七飯町道の駅 なないろ・ななえ THE DANSHAKU LOUNGE

DANSHAKU ISM

わたしたちは地域と共に、男爵イズムを継承し、
七飯ブランドを牽引し、函館・北海道の未来を創ります。

THE DANSHAKU LOUNGEは「男爵いも」の生みの親、
近代農業の功労者であり明治時代の函館に大きな功績を残した
「川田龍吉 男爵」にその名を由来しています。

川田男爵は農業にも強い関心を持ち、アメリカなどから
大型農機具を輸入するなど近代農業の基礎を築きました。
種いもを輸入し日本の風土でも栽培できるよう品種改良。
そのじゃがいもこそ現在の「男爵いも」なのです。

わたしたちは「男爵いも」が生まれた七飯町で
彼の進取のスピリッツを受け継ぎ、
新しいライフスタイルを提案して参ります。